詩誌『回生』 of 詩誌回生

001.png

詩誌『回生』
中村正秋 & 小熊昭広  
・・・・・詩誌『回生』の起死回生的詩的行為
Facebook.jpg

 「無意味な意味の尾形亀之助読書会」は、今後開催する予定はありません。これまでの開催内容はこちらをご覧下さい。

005.png

006.png

第ゑ号(通巻第44号 表紙画:明才
2021回生ゑ号(300).jpg

第し号(通巻第43号 表紙画:明才
回生第し号サイト掲載用.jpg

第み号(通巻第42号 表紙画:明才
回生み号表紙(色刷り).jpg

第め号(通巻41号) 表紙画:明才
top_me_web.jpg




第ゆ号(通巻40号 表紙画:明才
回生ゆ号表紙絵_web用.jpg


第き号(通巻39号)表紙(画:明才
ki_web_hyoushi.jpg


第さ号(通巻38号)表紙(画:明才
shyousi_sa.jpg


第あ号(通巻37号)表紙(画:明才
hyoushi_a.jpg


第て号(通巻36号)表紙(画:明才
hyoushi.jpg


第え号(通巻35号)表紙(画:明才
hyoushi_e.jpg


第こ号(通巻34号)表紙(画:明才
hyoushi_ko.jpg


第ふ号(通巻33号) 表紙(画:明才
hyoushi_hu.jpg

最新情報(2021年4月30日 詩誌『回生』ゑ号の入手可能場所の情報更新)

詩誌『回生』ゑ号入手可能場所の情報追加

 詩誌『回生』ゑ号(通巻第44号)を、新たに仙台市小田原にあるカフェのある絵本屋「メアリーコリン」、村田町にある蔵の喫茶店「蔵人(くろうど)」及び兵庫県伊丹市の「macca des masses」(「古本 水平線」のコーナー)に置かせていただきました。詳細は、下記「回生を置かせていただいている場所」をご覧ください。
 なお、現在、仙台にある本屋さん金港堂の本店で開催中の「サンモール 古本市 in 金港堂2F」に参加しているスローバブックスさんのコーナーでも入手可能です。

詩誌『回生』ゑ号発行

 詩誌『回生』ゑ号(通巻第44号)を発行しました。入手可能場所につきましては、下記掲載の「おかせていただいている場所」にて入手することが可能かと思います。また、電子版につきましては、ここをクリックしていただければ全ページ無料で閲覧可能です。

情報短信の更新及び詩誌『回生』次号表紙画の掲載

 御案内が遅くなりましたが情報短信に瀬崎祐個人誌『風都市』第38号、岩下祥子詩集『うさぎ飼い』(石風社)及び詩誌『卓上作法』第3号のの感想を書かせていただきました。
 また、4月中旬に発行予定の詩誌『回生』ゑ号(通巻44号)の表紙画が明才さんより届きましたので、掲載させていただきます。

  情報短信 → 個人誌『風都市』第38号の感想はこちらです。
       → 岩下祥子詩集『うさぎ飼い』の感想はこちらです。
       → 詩誌『卓上作法』第3号の感想はこちらです。


2021回生ゑ号(300).jpg
詩誌『回生』ゑ号表紙画(木版画:明才

詩誌『回生』し号(通巻43号)が電子ブックで閲覧可能となりました。無料です。

 詩誌『回生』し号(通巻43号)電子ブック版が本日10月31日から「詩誌『回生』in actibook」 のサイトにて閲覧及びダウンロード可能となりました。ダウンロードでの閲覧には Poste というアプリが必要となります(Android版はこちらからダウンロードできます。)。

個人誌『喉』第64号を発行しました。

 小熊昭広の個人誌『喉』第64号を発行しました。電子ブックとしては詩誌『回生』の電子ブックサイトでお読みいただけます。また、紙媒体での提供は、こちらからダウンロードしていただき、両面印刷して四つ折りすることでお読みいただけます。

     電子ブック → こちら
     紙媒体出力用データ → こちら

詩誌『回生』の電子ブック版サイトを開設しました。

 このほど、詩誌『回生』を電子ブック型式で読む事ができるサイトを開設致しました。詩誌『回生』の事業予告(表紙画掲載)及びバックナンバー、それにこれまで発行してきた無意味な意味の尾形亀之助読書か何通信等、詩誌『回生』又は快晴出版で発行してきた詩詩、詩集、その他の紙媒体の冊子を今後、随時掲載致します。
 快晴出版関連では、2014年に発行された金子忠政の詩集『やがて、図書館へ』を無料で読むことができます。

 詩誌『回生』電子ブックサイト → こちらからお入り下さい。

画家 鈴木智 紹介ページ追加

 詩誌『回生』と交流があった画家故鈴木智さんの紹介ページを追加しました。昨日、彼女の絵が飾られている福島市にあるギャラリー伏拝に行ってきました。そこで、改めて彼女の絵の変遷、そして生涯を少しでも広く紹介したいとの思いが沸き起こりました。
 以前の回生のホームページで紹介をさせていただいていましたが、サイトを新しくしてからその情報は消えていました。この度、改めて、掲載させていただきました。
 今後、もっと作品や思い出を増やしてゆきたいと思っております。

こちらから、どうぞ鈴木智の世界をご覧ください。

情報短信(From Koguma)更新情報

 更新情報はこちらのページから確認してください。(最終更新2012.12.31)

☆ 回生を置かせていだいている場所(2021年4月30日現在)
   ※ 赤字で入手可能と記載のある場所のみになっております。


  ・パソコンパーツショップ「ガレージコム」
  ・喫茶ホルン入手可能(12部)
  ・スローバブックス(丸森町耕野)入手可能(20部)
  ・書本&cafe magellan(仙台市春日町7−34)入手可能(5部)
  ・宮城県立図書館(地域情報室)入手可能(10部)
  ・仙台市民図書館
  ・せんだいメディアテーク
      クレプスキュールカフェ脇フリーペーパーコーナー(置かれるのは後日です。)
  ・仙台文学館
  ・宮城県美術館2021.4.30に創作室を前の情報コーナーに置かせていただくよう
       におねがいしましたが、審査の結果「場所がない」との理由で置かせていた
       だけなかったことことから、今後宮城県美術館での入手はできません。次号
       発行後、この欄から削除いたします。
  ・Book Cafe 火星の庭入手可能(10部)
  ・メアリーコリン入手可能(3部) 2021.4.26に置かせていただきました。
  ・曲線入手可能(5部)
  ・蔵人(くろうど)(村田町)入手可能(10部) 2021.4.30に置かせていただきました。
  ・大河原町図書館(大河原町)
  ・「macca des masses」(兵庫県伊丹市)入手可能(約10部)

  ※ 各場所には、3部から10部程度(スローバブックス以外)しか置いておりませんので、
   すでに無くなっている場や担当者等の御判断により置いていない場合がありますのでご
   注意ください。
    なお、設置月日が書かれていないお店等には2021年4月16日に置かせていただいて
   おります。