詩誌『回生』 of 詩誌回生

001.png

詩誌『回生』
中村正秋 & 小熊昭広  
・・・・・詩誌『回生』の起死回生的詩的行為
Facebook.jpg

 「無意味な意味の尾形亀之助読書会」の今後の開催予定及び開催履歴紹介ページは、こちらをご覧下さい。

005.png

006.png

第ゆ号((通巻40号)表紙(画:明才
回生ゆ号表紙絵_web用.jpg





第き号(通巻39号)表紙(画:明才
ki_web_hyoushi.jpg


第さ号(通巻38号)表紙(画:明才
shyousi_sa.jpg
第あ号(通巻37号)表紙(画:明才
hyoushi_a.jpg


第て号(通巻36号)表紙(画:明才
hyoushi.jpg


第え号(通巻35号)表紙(画:明才
hyoushi_e.jpg


第こ号(通巻34号)表紙(画:明才
hyoushi_ko.jpg


第ふ号(通巻33号) 表紙(画:明才
hyoushi_hu.jpg

最新情報(2017年9月26日 詩誌『回生』次号第ゆ号表紙画掲載)


詩誌『回生』ゆ号(10月発行予定)の表紙画掲載

 2017年10月に発行を予定しております詩誌『回生』次号(第ゆ号)の表紙画が完成しましたので掲載致します。今号も、明才氏にお願い致しました。

情報短信に詩誌『ササヤンカの村』第27号の感想を掲載しました。

 こちらからお読みください。 → ここからリンクをしています。

第2回活版印刷ワークショップの御案内


 先日、情報掲載しました「無意味な意味の尾形亀之助読書会」における活版印刷のワークショップの連続開催について、第2回の開催日時等が決まりましたので、御案内を掲載し致します。

   日 時   2017年11月18日(土)
               午後2時〜午後5時
   場 所   大河原町駅前コミュニティーセンター「多目的ホール2」
   定 員   5名(申込み先着順)
   参加料   無料
   内 容   「欧文活字による簡単な名刺の組版作成と印刷」

掲載用(小).jpg


第1回活版印刷ワークショップの御案内

  先日、情報掲載しました「無意味な意味の尾形亀之助読書会」における活版印刷のワークショップの連続開催について、その第1回の開催日時等が決まりましたので、御案内を掲載し致します。

   日 時   2017年7月2日(日)
               午後1時30分〜午後4時30分
   場 所   大河原町駅前コミュニティーセンター「多目的ホール2」
   定 員   8名(申込み先着順)
             ※6月15日現在、3名の申込み
   参加料   無料
   内 容   「活版印刷技術の基礎の勉強」
          ・必要な道具及びその扱い方の説明
          ・簡単なひらがなを使った組版及び印刷の体験
          ・お名前程度の印刷です。

   申込み   メールでの申込み  → kaisei@poetic.jp

      ※ 活字は五号活字を主に使います。印刷機はアダナの2HSと
        いう小さなものです。道具は、参加人数にもよりますが、基
       本的にお二人で共有して使う形を想定しています。時間があ
       れば、違う大きさの活字を使った組版の技術も体験していた
       だければと思います。

   チラシです → 表面 裏面

「無味な意味の尾形亀之助読書会」今後の予定を掲載しました。

 「無意味な意味の尾形亀之助読書会」の今後の予定を掲載しました。2017年7月以降については、活版印刷のワークショップを5回シリーズで行いながら、最終的には尾形亀之助の第一詩集『色ガラスの街』に収録されている短詩をできる限り原本に忠実に活版で印刷をしたいと思います。
 詩集『色ガラスの街』は、本文は五号活字です。込め物で余白を埋めながら組版を作ることとなりますが、直ぐには組版を作ることできないと思いますので、活版印刷に必要な基本的な道具や技術を勉強しながら、最終的には尾形亀之助の短詩を印刷する作業を行いたいと思います。
 それによって、ただ単に目で読んで詩を味わうのでない詩の、言葉の、違う感じ方を、感覚的に味わっていただこうと思っております。
 指導は、詩誌『回生』の小熊が行いますが、小熊は活版印刷に関しては素人ですので、技術を身につけるワークショップではありません。小熊と一緒に、活版印刷の知識と技術を勉強する勉強会のようなワークショップになります。専門的な知識を得ようとするものではないことをご承知ください。参加無料。
 現在の予定等は、こちらに掲載しております。

情報短信に瀬尾雅弘『レンチポップス・シックスティーンズ』(彩流社)の感想を掲載しました。

 情報短信に、仙台在住の瀬尾雅弘氏の『フレンチポップス・シックスティーンズ イェ・イェと称されるムーブメントをめぐって』(2017年2月20日彩流社刊)の感想を掲載しました。詩に関する文章ではありませんが、御笑読いただければ幸いです。
 なお、今回から情報短信を掲載するブログのサービス会社を変更しました。

 こちらからお読みください。 → ここからリンクをしています。


詩誌『回生』第き号(通巻39号)を発行しました。

 詩誌『回生』第き号(通巻39行)を2017年2月20日に発行いたしました。お求めは、仙台市内等各所の詩誌『回生』入手可能場所一覧をご覧いただき、たいと思います。
 なお、PDFデータ版の詩誌『回生』第さ号は、こちらから入手可能です。


 ~子どもの可能性を信じて~ 「育てにくさを感じる子どもとの関わりを考える」シンポジウム開催(終了しました。御参加ありがとうございます。


小シンポジウム2017表.jpg

 詩誌『回生』では、隔月で開催しております「無意味な意味の尾形亀之助読書会」の2017年3月開催において、昨年の1月に引き続き福祉をテーマにしたシンポジウムを開催することになりました。詩とは、直接的には関係ありませんが、詩を書くとは、ある意味「社会との関係」を書く行為とも言えるかと思います。その表現の仕方は、言葉としてはとても抽象的だったり、とても幼稚だったり、とても身勝手だったり、一過性のものだったり、虚構が入り交じったりしますが、社会に対する問題意識を常に持つことが詩誌『回生』は必要と考えています。
 上記タイトルのシンポジウム(フライヤーのに内容の)を開催することとなりました。
 前回同様、まったく、子育てのこと、、発達障害のこと、子どもの自立のことなど、詩誌『回生』は繋がりを持たないので、多くの方の参加が得られるのか、皆目見当が付きません。どうか、このフライヤーを見られて、少しでもご興味がありましたら、情報の拡散にご協力いただけると助かります。

 もっと、鮮明な PDFデータでのフライヤー(講師及びパネリストの紹介は裏面にあり)をお読みになりたい方は、下記からダウンロードしてください。

 ・フライヤー表面
 ・フライヤー裏面

 シンポジウムに関しての「よくある質問」(まだ前回の形ですが)は、  → こちらからお入りください。

よくある質問(通常版)掲載

 「無意味な意味の尾形亀之助読書会」について、大河原町駅前コミュニティセンターで開催するときの「よくある質問」を掲載しました。
  通常の「無意味な意味の尾形亀之助読書会」の開催の状況を、ちょっと詳しく説明しております。

こちらからご覧ください。


無意味な意味の尾形亀之助読書会通信第7号の発行のご案内

 2013年1月19日に開催しました「第7回無意味な意味の尾形亀之助読書会」でのイラストレーター村上かつみ氏の講話「言葉から触発されて絵が生まれるまでの葛藤と喜び」の講話記録を掲載した無意味な意味の尾形亀之助読書会通信第7号を発行いたしました。
 内容は、従来の詩人や文学関係者による尾形亀之助の詩の理解とは、ちょとかけ離れたお話になっております。ご覧ください。PDFのデータは、こちらからダウンロードしてお読みください。

画家 鈴木智 紹介ページ追加

 詩誌『回生』と交流があった画家故鈴木智さんの紹介ページを追加しました。昨日、彼女の絵が飾られている福島市にあるギャラリー伏拝に行ってきました。そこで、改めて彼女の絵の変遷、そして生涯を少しでも広く紹介したいとの思いが沸き起こりました。
 以前の回生のホームページで紹介をさせていただいていましたが、サイトを新しくしてからその情報は消えていました。この度、改めて、掲載させていただきました。
 今後、もっと作品や思い出を増やしてゆきたいと思っております。

こちらから、どうぞ鈴木智の世界をご覧ください。

情報短信(From Koguma)更新情報

 更新情報はこちらのページから確認してください。(最終更新2012.12.31)

☆ 回生を置かせていだいている場所(2017年2月25日現在)


  ・パソコンパーツショップ「ガレージコム」
  ・セーブオン時沢店
  ・喫茶ホルン入手可能(10部
  ・書本&cafe magellan(仙台市春日町7−34) 入手可能(10部
  ・宮城県立図書館(地域情報室) 入手可能(15部)
  ・仙台市民図書館入手可能(15部
  ・せんだいメディアテーク入手可能(15部
      クレプスキュールカフェ脇フリーペーパーコーナー(置かれるのは後日です。)
  ・仙台文学館入手可能(15部
  ・宮城県美術館(入手可能 10部)
  ・Book Cafe 火星の庭入手可能(15部
  ・cafe Mozart (一番町店)入手可能(10部
  ・cafe Mozart atelier入手可能(10部
  ・蔵人(くろうど)(村田町)入手可能(10部
  ・大河原町図書館

  ※ 各場所には、10部程度しか置いておりませんので、すでに無くなっている場合や
   まだフリーペーパーコーナーに置いていない場合がありますのでご注意ください。